WordPressのjQueryを解除して独自のjQueryファイルを読み込む方法【WordPressカスタマイズ】

こんにちは!Weblattです。

WordPressでは標準でjQueryが読み込まれています。このままでも、記述方法を変えることで使用することはできます。

でも、標準のjQueryを解除して、ダウンロードした独自のjQueryファイルや、CDNを読み込ませたい時があります。

そんな時は、以下をfunction.phpに記述します。

// functions.phpに以下を記述
function add_my_scripts() {	
  //WordPress 本体の jQuery を登録解除
  wp_deregister_script('jquery');  
  //jsファイルを全て読み込む
  wp_enqueue_script(
    'jquery', 
    get_stylesheet_directory_uri().( '/js/jquery_org.js' ), 
    array(), 
    false, 
    false
  );
}
add_action('wp_enqueue_scripts', 'add_my_scripts');

get_stylesheet_directory_uri().( 〜〜)の部分で、指定したいファイルのパスを指定します。

もしくは、CDNを以下のように記述し読み込ませることも可能です。

wp_enqueue_script(
    'jquery', 
    'https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.1.1/jquery.min.js', 
    array(), 
    false, 
    false
  );

「ローカルでは動いていたのに、本番環境にアップしたらjQueryが動かない!」ということがあり、調べたらどうやらWP標準のjQueryが邪魔をしていたようです。。

<head></head>内に直接記述することもできますが、以上のようにwp_enqueue_scriptを使用して読み込むことが推奨されていますので、こちらがおすすめですよ。

それでは!

目次
閉じる